印鑑付きボールペン

イメージ画像

印鑑付きボールペンをあなたは見たことがあるだろうか。ボールペンの、紙に接しない方の端に、簡易印鑑がついている、という製品である。実際この製品は、印鑑としてどこまで使用することができるのであろうか。非常に気になるところである。

まずはこの製品についているのが「印鑑」なのか「シャチハタ」なのか、つまり染料が「朱肉」なのか「インク」なのかが問題になる。インクだった場合シャチハタということになり、認印として使えるかどうか、というレベルになってしまう。
しかし、仮に朱肉を使用するタイプであったとしても、ボールペンである以上は実印や銀行印として使うのはどこかかっこ悪い。やはり、認印として使うのが妥当であろう。

とはいえこの印鑑付きボールペン、朱肉(またはインク)がボールペンと一体化しており、自動的にはんこに朱肉がつくような構造になっているため、持ち運びには非常に便利である。
クリップがついているので、ワイシャツのポケットなどにもしたためておけるので、なおさらである。
しかしこの場合、落としたりする危険性が高まるので、余計に実印等での使用は避けた方がいいかもしれない。最近はこれのネームペンタイプも出ているらしく、ますますその用途は広がっている。
認印はたくさん持っていても構わない上、一つ一つの書体や書き方が異なっていても構わないので、サブの認印として一本、購入しておいても悪くはないかもしれない。



印鑑・はんこの激安通販【印鑑サイト.com】
職人による手仕上げの印鑑が格安で買える、はんこの激安つうはんサイト。
最短即日出荷で、お急ぎの方にもお応えいたします!

このページの先頭へ