印鑑を悪用されやすいのは?

イメージ画像

あなたは、印鑑を何本所持しているだろうか。多くの人は、一本、と答えるだろう。
たくさん持てば持つほど、どれがどの印鑑なのか分からなくなってしまうから、当然といえば当然かもしれない。管理が難しくなり、失くす可能性も上がるだろう。

しかしあえて、銀行印だけは別に所持しておくことをオススメしたい。
理由は、銀行印を失くしてしまうと、他人に自分の銀行から貯金を不正に引き出される、ということが起こりうるからだ。銀行印と同じくらい、もしくはそれ以上に重要な印鑑に「実印」というものがあるが、これはその類まれなる重要さゆえに、印鑑のみでは使用できぬよう、印鑑登録の提出を求められる場合が多い。もしかすると、身分証明となるものも必要になるかもしれない。
このように、実印は逆に悪用されることはまずほとんどないといっていいのだが、銀行印を失くしたとなればそうはいかない。

銀行で自分の預金を引き出すとき、たいていの人はATMで済ませる。このときは、キャッシュカードと自分だけが知っている暗証番号が必要になるため、キャッシュカードのみでは他人が自分の預金について関与することはできない。

しかし、ATMを使わずとも預金を引き落とすことのできる方法がある。それは、窓口で所定の手続きをして引き落とす、という方法だ。この手続きにおいては、通帳と銀行印しか必要にならないため、それらさえあれば勝手に引き落とすことが可能なのである。
銀行印の重要性はご理解いただけたであろうか。
今すぐにでもはんこを注文し、銀行印とすることを強く推奨する。

[お役所手続きにこまったらココ!]
印鑑・実印のお役所登録に迷ったらココ!
手続きに必要なものや、実印の条件など、わかりやすく説明されています。

このページの先頭へ