印鑑用ブラシ

イメージ画像

私たちの生活の大事な場面で必ず必要になる「はんこ」。だが、その性質上、あまり頻繁に使うことはないかもしれない。たまたま長い間使わない期間があったりするだろう。しかし、はんこは朱肉やインクをつけて使うもの。長期にわたって放置しておくと、カビなどが発生してしまうだろう。

特に、使用後に朱肉やインクをつけっぱなしにしておいた場合は、大変なことになってしまうのは目に見えている。とりあえず、使ったら染料をふきとる、というのは基本的な対策としてできるであろうが、それでも、ティッシュではふきとるのにも限界があるだろう。

そんなときに役に立つのが、はんこ用ぶらしである。これは、丸いたわしのようなものにフタがついただけのシロモノではあるが、はんこをキレイにする性能については、群を抜いている。
通常通りティッシュで軽く拭き取った後に、これを使って掘りの間のほこりを取ったり、拭き取りきれなかった染料を拭い去るだけで、あなたのはんこは一気にキレイになる。描かれる文字も、よりはっきりしたものになるだろう。

はんこは、自分の名字をスタンプするという性質上、みだしなみの一部となり得るものである。はんこが汚い状態であれば気も引き締まらないであろうが、細部まで丁寧にぴかぴかであれば、自然と背筋が伸びる思いになるであろう。

社会人たるもの、はんこの状態にまで気を使ってこそ、一人前と言えるのではないだろうか。
だからこそ、はんこ用ぶらしは、一人一個所持していたいものである。

このページの先頭へ